日本印刷個人情報保護体制認定制度(JPPS)

弊社では、お客様個人を識別できる情報(以下、個人情報)の重要性を認識し、お客様に安心してサービスをご利用いただけるよう、平成30年1月17日に全日本印刷工業組合連合会の認定制度「日本印刷個人情報保護体制認定制度(JPPS)」を取得いたしました。

日本印刷個人情報保護体制認定制度(JPPS)とは

2005年4月1日より個人情報保護法が施行され、個人情報を取り扱う印刷業者において、事業所の大小や取り扱い情報の多少に拘らず、情報の取得・保存利用に関する基礎知識や管理体制の整備が必要となりました。そこで東京都印刷工業組合が2005年10月に、印刷関連業者を対象とした評価基準として立ち上げた制度がJPPSです。平成26年度からは全印工連事業として拡大し、平成30年1月現在225社が認定されています。

認定基準

「個人情報の保護に関する法律」に基づき「個人情報取扱事業者義務等」の法的要件を満たし、さらにJISQ15001:2006の「個人情報保護マネジメントシステム:PMS:Pマーク制度」の要件事項(*1)に適合したシステムを全事業所に確立し、維持し、実施し、かつ改善されていることが第三者外部専門機関による調査で確認されたことを以って、JPPSに認定されます。
*1:但し点検・内部監査等:Check、見直し:Actは事業者の任意
*2:日本印刷個人情報保護体制認定制度(JPPS)説明ページより抜粋(平成30年1月25日時点)

日本印刷個人情報保護体制認定制度(JPPS)

ページ上部へ戻る